富士通マーケティング

富士通マーケティングは、
貸し出し手続きが不要な図書館システムの提供を、
2020年1月7日に和歌山県有田川町で始めるそうです。

ICタグを活用し、
図書館に設けた読み取りゲートの通過時に、
自動で貸し出し手続きを完了するとのことです。

図書館システムか。

すごいですね。

ICタグを活用。

和歌山県有田川町って、
田舎っぽいですけど。

自動ブレーキ

国土交通省は、
高齢運転者の交通事故対策として2021年11月から、
乗用車や軽自動車に自動ブレーキを搭載するよう義務付けると発表したそうです。

同省によると自動ブレーキの義務化は世界初とのこと。

自動ブレーキか。

まあ、高性能らしいから、
安全かもしれないですね。

いだてん

15日に終了した、
NHK大河ドラマ「いだてん」の全47回の期間平均視聴率が、
関東地区で8.2%、関西地区で7.1%だったことが、
ビデオリサーチの調べで分かったそうです。

関東で過去最低だった、
2015年「花燃ゆ」と12年の「平清盛」の12.0%を大きく下回り、
初めての1桁台を記録したとのことです。

いだてん。

視聴率低かったんですね。

でも、
新しい会長は、
視聴率を意識しないって言ってたし、
気にすることないと思います。

NHKは、
量より質を大事にしてもらいたいですね。

検索エンジン

検索エンジンは検索結果にサイトを表示させるために公開されているサイトやページをクロールします。このクローラーは、リンクを辿ってサイト内にあるページを移動し情報を取得していきます。

そして、取得した莫大な情報を検索エンジン内のデータベースにインデックスします。このインデックスされた情報はユーザーが検索した際に適切なページを表示させるために重要な要素となります。

インデックス情報の中から、キーワードやWebサイトのコンテンツなどの様々な要素を分析して、検索したユーザーに検索結果を表示しています。

検索エンジンにはGoogleとYahoo!などがありますが、多くのユーザーが利用しているのは、GoogleとYahoo!の検索エンジンです。Yahoo!の検索エンジンのアルゴリズムは、Googleのアルゴリズムを採用しているので、検索エンジンと言えば、Googleと言っても過言ではありません。

SEO対策を行い、検索結果で上位表示されるための情報は色々と出回っていますが、Googleのアルゴリズムは、専門性が高く権威あるコンテンツを検索ユーザーに提供するために改良しており、Googleの検索結果では、コンテンツの品質に基づいて掲載順位を決定しています。

検索エンジンが重要視しているのは、ユーザーにとって有益であり、価値のある情報です。そのため、サイトに記載している内容を専門性が高く権威あるコンテンツにすることが大切です。

また、検索エンジンは検索順位を決定する要素の1つとして、titleタグに入っているキーワードを参考にしているため、titleタグは検索結果に大きな影響を与えます。なので、titleタグには、上位表示させたいキーワードを入れるようにしましょう。

SEO対策については、以下のホームページにわかりやすくまとめられているので参考にすると良いでしょう。

https://taniguchigumi.tokyo/

リキュール

青果の販売を手掛けるサカイダフルーツは、
能登半島の干し柿で造ったリキュールを発売したそうです。

柿を日本酒に漬け込んで製造し、
あめのような甘みととろみを出したとのことです。

干し柿か。

好みが分かれそうだな。